ITC三重 定例会
月日:2015年8月19日(水)
場所:三重県産業支援センター会議室

■セミナー「ソフトウェア開発モデルとソフトウェアマネジメント」
 株式会社CIJネクスト 中部支社 川満勝一氏

ウォータフォールモデルが提唱されたのが1970年。スパイラル開発モデルが登場したのが1988年。スパイラル開発モデルには反復型(繰り返して機能の精度を高める)とインクリメンタル型(繰り返しによって機能の種類を増やす)があるが、前提条件を固めてからの開発なので基本的にウォータフォールモデルと同じ。

世の中の変化スピードが早くなってきたところから登場したのがアジャイル開発。2001年に各種のアジャイル手法の開発者がユタ州に集まり、4つの重要な価値について宣言を行う。
・プロセスやツールよりも個人と相互作用
・ドキュメントよりも動くソフトウェア
・顧客との契約交渉よりも顧客との協調
・計画に従うよりも変化への対応
XP、スクラム開発、リーンソフトウェア開発などについて紹介いただきました。

■セミナー「公的資金の活用について」
  澄野経営研究所 澄野久生氏

中部経済産業省の中小企業施策の紹介、ものづくり・商業・サービス革新事業の紹介や審査ポイントなどを紹介いただきました。



シェアする